忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


サイエンスに正面から携わり,それを楽しむためには,自由な精神が必要だと言うことを再認識させられる本である.
しかし,私の周辺でも現実はそれとはほど遠いことが多いと感じている.
能力とチャンスに恵まれた者のみに許されたことなのかもしれないが,この日本においても研究の現場である大学でこの基本的な精神は意識されなければならないのだと思う.

本書の中で,8章「チャレンジャー」と10章「死ぬ」ことが興味深かった.

8章では1986年に起こったチャレンジャー号の爆発事故以後の調査委員会におけるファインマンの活躍を紹介している.
産・官・軍のそれぞれの思惑の中で,純粋に科学的立場から爆発原因を追及していく姿には感動すら覚える.
振り返ってみると,福島の原発事故の原因調査でも状況は同じなのかもしれない.
科学者の国家的事業への関わり方について学ぶところの多い一つの例だと思う.

10章は,ファインマンの臨終の紹介である. だれでもいずれは迎える臨終だが,こんな迎え方もあるのだと考えさせられた.

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]