忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


76356a01.jpg









昨日K社のYさんTさんに、ゼミでコンサルタンツ業とは何かという話をしてもらいました。
優しい語り口で分かりやすいお話でした。

卒業生が、大学で学んだことを活かした職につくということが、大学の評価に聞いてくる時代です。
「地質学でメシを食う」というYさんの言葉は、実に印象的でした。
一人でも多くの卒業生が大学で学んだことを活かして、社会で活躍して欲しいと思います。

********
夕方、Yさん、Tさんと水戸駅前で飲みました。
その時の話・・・

TさんはY大学の10数年前の卒業生ですが、卒業研究の時に私が30年前に書いた論文を参考にして研究を進められたとのこと。
そして、その時いらい著者に会ってみたいと思っていたそうです。
私は昨日まで、Tさんとは面識がありませんでした。

お世辞で言われたことかもしれませんが、たいへん嬉しい気持ちになりました。
それと同時に、やった仕事は確実に形として残していくことが必要であることを再認識しました。

最近は業績という観点から、論文を書くことが重視されていますが、学問の継承していくという観点からも論文を書くことは極めて重要です。

自分の研究成果を後の社会に残していくといることからも、大学院生諸君も研究結果学会発表や論文として公表する大切さを認識して、頑張ってください。

30年って実に長いけれども、短いとも言える・・・・・
帰りの電車の中で、少ししみじみとした思いになりました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
「やった仕事は確実に形として残していくことが必要」.それは,科学者としての義務でもありますよね.特に,国立・県立大学や国・県の研究機関で研究する者にとっては,研究成果を公表するのは国民に対する義務だと思います.ただし,光よりはやい等々と発言する方々による事業仕分けはどうかと思いますが.
makogarei 2010/05/10(Mon)00:27:18 編集
» Re:無題
AMANO> まったくその通りです。頑張りましょう!
2010/05/12 23:58
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]