忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
ドイツのギムナジウムのクリスマスのことを書いた子供向けの本.
こんな学校があったらいいな・・・
こんな先生がいたらいいな・・・
こんな生徒がいたらいいな・・・
こんな著者の気持ちがいっぱいつたわってくるステキな本である.

でも,今の大人の心にぐさりと刺さる言葉がところどころに書いてある.
特に昨年の3.11以降には,これらの言葉はいたい.

『かしこさをともなわない勇気は乱暴でしかないし,勇気をともなわないかしこさは屁のようなものなんだよ!世界の歴史には,かしこくない人々が勇気をもち,かしこい人びとが臆病だった時代がいくらもあった.これは正しいことではなかった.』
屁をしているだけの学者にはなりたくない.

『平和を乱すことがなされたら,それをした者だけでなく,止めなかった者にも責任はある.』
本当だね.
でも.止めるのには相当な勇気が必要だ.

『なにがたいせつかということに思いをめぐらす時間をもつ人間が,もっとふえるといいということだ.金も地位も,名声も,しょせん子どもじみたことだ.おもちゃだ.それ以上じゃない.ほんもののおとななら,そんなことは意にに介さないはずだ.』
年を取るだけでは,本物の大人にはなれないね.

*****
私の好きなところ.
『「飛ぶ教室」号は北極におりたつ.みんなは,雪の中からつきだした地軸を見物し,地球が極地でもたいらなのを,自分の目でたしかめる.』
宮沢賢治的だな・・・

今から80年近く前に書かれた本だが,今よんでもほんのりしたり,ドキドキしたりすること請け合い.
ぜひ,ご一読を.

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]