忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2004年のスマトラの巨大地震・津波の後、2005年に書かれた本である。
リスボン、アウシュヴィッツ、ヒロシマ、ニューヨーク、スマトラでの、自然、人的破局について、科学哲学的な観点から論じている。

まえがきと解説(西谷 修氏)で、東日本大震災、フクシマについて触れられている。
本文は、キリスト教的価値観を持たない大部分の日本人にとっては、必ずしも理解し易いとは言えないが、まえがきと解説は、その辺を考慮してかかれており、この部分だけでも一読の価値有り。

解説から:この本が言わんとするところが一言でまとめられている。
『「自然的悪」と「道徳的悪」とを区別し、近代に後者が前者を呑み込むことをしめして、その果てにやがて誰の積に帰すこともできない「システム的な悪」が生まれることを論じている。その種の「悪=災厄」には個々の
人間の悪意も見いだせず、また相手がいないから犠牲者に憎悪も生じない。そしてそれに対処することが現代の論理的養成になっていると。それがまさに原発事故のようなケースである。』

まえがきから:
『わたし達を脅かす巨大な機械を操作する人々が、有能かつ誠実であるということのほうがはるかに深刻なのだ。そのような人々は自分たちが非難されていることを理解できない。』

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]