忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.

 大学の教養課程の英語教育については、私の学生のころから批判があった。何年も英語を勉強してきたのに、一向にしゃべれるようにならないではないか。もっと実用英語を教育すべきだというのが趣旨だった。そして、決まり文句のように、教養課程の英語授業でシェークスピアなんかやるからダメなんだと言われた。正直、私もそう思っていた。

 ここ数年、大学だけでなく中高もふくめて日本の英語教育はおかしいのではないかと思い始めている。大学入試にTOEFLを導入したり、大学教育でもTOEFLの得点向上を目指したりしていることに、疑問を感じはじめている。

 そのきっかけは、AIの進歩により自動翻訳ができるのはそう遠い将来ではないというニュースを耳にするようになったからである。自動翻訳はそう簡単ではないという専門家もいるが、AIの今の進展をみていると自動翻訳の確立はそう遠くは無いと感じている。

 自動翻訳ができれば、いわゆるコミュニケーションのための英語は時間をかけて勉強する必要はなくなる。自分の経験でも、欧米帰りの研究者に英語でペラペラやられると、その内容はともかくとして一方的に圧倒されてしまうことがあった。くやしくて、自分も英語ペラペラになりたくて、高額の英会話教材を買ってしまったりしたのであった。これからはこんなことは無くなるのではないかと思う。

 今後、翻訳はAIに任せることにすると、英語の勉強の目的はなんだろうか?それは英語使用社会の背景の文化を理解することにあると最近思うようになった。先日の講演でも、「国際会議の席上でシェークスピアから片言隻句が引用できなんてことができたらすばらしいでしょう」と話したが、どこまで理解いただけたかは分からない。中身の無いペラペラ英語は植民地英語だと思うといいたかったのだが・・・。

 因みに私が受けた教養部の英語授業の教材は、バートランドラッセルとオルテガ(英訳)だった。深志高校の英語の副読本は、チャーチルの「我が半生」だった。今になってみると、これらは良い授業だった。

 改めてこんな事を書いたのは、内田 樹氏の外国語学習についての意見をネット上で読んだからである(リンクページ参照)。英語を含め外国語学習については、文科省や英語教師にだけ丸投げするのではなく、市民として考えを発信しなければいけない時期ではないだろうか?

 内田 樹氏の私の英語教育に対する考えを整理するのにたいへん役にたった。
中でも、次に引用する部分は強く同意できる記述である。

[引用]
『今の日本の英語教育において、目標言語は英語だけれど、目標文化は日本だということです。今よりもっと日本的になり、日本的価値観にがんじがらめになるために英語を勉強しなさい、と。ここにはそう書いてある。目標文化が日本文化であるような学習を「外国語学習」と呼ぶことに僕は同意するわけにはゆきません。』

『植民地では、子どもたちに読む力、書く力などは要求されません。オーラルだけできればいい。読み書きはいい。文法も要らない。古典を読む必要もない。要するに、植民地宗主国民の命令を聴いて、それを理解できればそれで十分である、と。』

『植民地の子どもが無教養な宗主国の大人に向かってすらすらとシェークスピアを引用したりして、宗主国民の知的優越性を脅かすということは何があっても避けなければならない。』

BLOG.TATSURU.COM
2018年6月12日に「文系教科研究会」というところで、私立の中学高校の英…

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]