忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



身の毛もよだつような恐ろしい本である.

福島第一原発事故の推移と,事故の際に政治家,官僚,学者,企業,民間などが,どう判断しどう対応したかを「民間事故調報告書」を初め,国会事故調,政府事故調報告書を参考にし,著者による関係者への直接インタビューに基づいて,客観的にまとめられたものである.上,下2巻よりなり,総ページ数が950ページにもおよぶ膨大な本であるが,日本国民必読の書である.

この本を読み終わったときの率直な感想.あの事故がもう少し大きければ,日本は壊滅したかもしれない.事故そのものの重大さに加え,日本における危機管理システムが機能しなかったことが分かると,ゾッとするのは私だけではなかろう.危機管理システムにいたっては,機能しなかったというよりは,もともと存在していなかったと判断できるかもしれない.

福島第一原発事故は,まだ終結したわけではなく,これから何年続くかわからないし,原発事故にかぎらず,この種の重大事故は今後も起こる可能性は大きい.それらから市民を守るためには,どうしたらよいかを考えるためにも,本書の提示している事実は重大である.

首都圏直下型地震,富士山の噴火,西日本大震災など,近々起こっても不思議でない状況の中で,重大事故,重大自然災害に対応するまともに機能しうる危機管理システムの構築が必至であることを本書は示している.日本を壊滅から守るために.

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]