忍者ブログ
市民地質学者が地球に関連した話題を提供するブログです.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 4年生Iさんより、糸魚川ジオパーク見学の感想が投稿されました。
糸魚川ジオパークについては、松原君のレポートに続いてこれが2本目の感想です。

Iさんへ:今後は、下記の点からも検討してみてください。
(1)ジオツアーについての費用対効果
(2)茨城県北ジオパークとの比較
・地質学的側面
・地域振興的側面
・ビジネス的側面
など・・・

*******ここから******

糸魚川ジオパーク見学 感想
(2010/03/21−24) 


 

 

新潟県糸魚川市にある糸魚川ジオパークは2009年に正式に世界ジオパークとして認定された日本初のジオパークの内の一つで、市立博物館であるフォッサマグナミュージアムが管理・運営を行っている。

 

糸魚川市全体がジオパークとして含まれ、糸魚川-静岡構造線の上に位置する事で見られる特殊な地質・地形を多く有しており、それを24か所のジオサイトとして名前をつけ分類し紹介している。
また、そのジオサイトにちなんで作られた「ジオ丼」なる24種類のメニューが市内の食事処で楽しめるという企画も行っている。

 

ほとんどが山間部に位置しており、公共の交通機関よりも徒歩や車を使った方が自由に回る事ができる。
また、豪雪地帯であるため冬は入山禁止となり見られる範囲はごく僅かとなる。

観光用のイベントも、月不見の池で藤の花が綺麗に見られるGWなどの時期に集中している。

今回は電車・バス・タクシーなどの公共の交通機関や観光ツアーを利用して親不知、青海海岸、深山公園・博物館、弁天岩などのジオサイトを見て回った


b42018e4.jpg74478f16.jpg








糸魚川市。
町の至る所に翡翠や翡翠にちなんだもの
であふれている。



0ca15bcf.jpg









市による季節限定観光バス「親不知冬浪漫」(現在は終了)は、料金は施設見学料・食事代含めて一人\3500

 

他に糸魚川駅からフォッサマグナミュージアムまでタクシーを利用すると帰りは無料になるなど、ジオパークへの支援も活発。

 

 

 


0c97a2d0.jpg4a75b9cf.jpg





 24のジオサイトの一つ「弁天岩」


866c78c4.jpg





 「ジオ丼」は、それぞれ糸魚川の特産をふんだんに使用し、ジオサイトを表現している。
写真は、居酒屋「亮太郎」マイコミ平ジオサイトにちなんだヤマメの天丼。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 糸魚川訪問
研究のために実際にジオパークに行ってみるのは良い勉強になると思います。
これからの研究楽しみにしてます。
thin 2010/04/06(Tue)23:21:38 編集
» Re:糸魚川訪問
AMANO>研究のレベルまで達するためには、かなり踏み込んだ検討が必要です。
そろそろ本気になってください
2010/04/07 09:08
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/18 J.H]
[10/21 J.H]
[08/10 asM]
[06/29 幸田商店]
[04/16 鈴木]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天野一男
性別:
男性
自己紹介:
☆茨城大学理学部:教授
☆茨城県北ジオパーク推進協議会・運営委員会:委員長
☆日本地質学会ジオパーク支援委員会:委員長
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

Copyright © [ ジオフォーラム2010 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]